カテゴリー
セクキャバ ナイトワーク

おっパブで働く

おっパブの特徴

おっパブはキャバクラに比べて年齢が若く、素人学生の女の子が普通に働いています。派閥もノルマもなく、自由に出勤して稼げるので、別の職業を持っている女の子や若妻が働いているパターンも多いです。キャバクラでキャバ嬢として働くことに疲れた女の子がおっパブに移動してくるケースもあり、キャバ嬢からおっパブ嬢になった女の子たちはそのお仕事1本でプロとして働いています。

おっパブの衣装

おっパブではどのような格好でお仕事を行っているのでしょうか。また、おっパブの衣装の種類はどのようなものがあるのでしょう。おっパブの中には特定の制服があるお店がありますが、基本的にはドレススタイルが主流です。この点はキャバクラと同じで、衣装の種類としてはミニドレスやロングドレス、ベアトップのワンピースドレスなどが人気です。身に着ける衣装のデザインはそのままキャストのイメージに繋がりますから、毎回お仕事の前にはしっかりと選ぶ衣装の種類やコーディネイトなどを考えておきたいです。大抵のおっパブではお客様のひざの上に座って接客をするサービスタイムがあります。その時に足や全体のスタイルが良く見えるようにミニドレスを選んでみてはいかがでしょうか。視覚的にも刺激が強いですし、美脚をアピールすることもできます。ミニドレスにもいろいろなテイストやデザインがありますが、指名してくれてるお客さんが来る日であれば、お客様の好みに合わせるのも大切なポイントです。

カテゴリー
キャバクラ ナイトワーク

キャバクラで働く

キャバクラの特徴

キャバクラは飲食店なのでヌキのサービスは当然なく、比較的レベルの高いきれいなお姉さんが男性と一緒にお酒を飲んでトークをするお店です。年齢もセクキャバよりは若干高めで、男性と大人の会話が楽しめるトーク力も求められます。またノルマも厳しく、営業メールや派閥など人間関係も結構大変かもしれません。それでも短時間で高収入が得られるとあって、きれいな女の子が働いてみたいと思うお店です。

 

キャバクラの衣装

キャバクラでは基本的にドレススタイルでの接客となります。たまに制服などコンセプトのあるキャバクラではコスプレのような衣装になりますが、コンセプトキャバクラじゃない限りは、多くのお店がドレスです。ドレスは店舗での貸し出しもありますが、売れているキャバ嬢やキャバクラでの在籍年数が長い女の子は、自分の衣装を持っています。ドレスだけではなく小物や靴などとのカラーコーディネートも重要となるため、身だしなみには少しお金がかかります。毎日同じ衣装を身に着けるわけにもいかないので、衣装は複数着用意する必要があり、また何年も同じ衣装というわけにもいきませんので、定期的に新しいものを購入する必要があります。着なくなったドレスを後輩の女の子に譲ってあげたり、先輩にもらったりということもありますし、お客さんがプレゼントしてくださることも…。ドレスのかたちに指定はないですが、できれば「セクシーさ」を強調できるものが良いですね。ただ先輩と同じドレスというのはキャバクラでは厳禁なので、他の人が着ているドレスはしっかりとチェックしておく必要があります。